起業、創業をされる方

中小企業基盤人材確保助成金 

会社を設立したり、個人で事業を創業したり、また、既存の事業以外の業種に進出した事に伴って、新たに経営基盤を強化する、一定条件の従業員(基盤人材)を雇入れた場合に、支給される助成金です。

主な支給要件  

1、法人の設立登記日個人開業日から6ヵ月以内に改善計画書を提出

2、事務所、店舗の賃貸料、設備の設置等創業に伴って発生じた費用を250万円以上負担する予定

3、改善計画提出後、新たに雇入れた従業員の給料が年収で350万円以上

 

 支給額

 基盤人材1人 140万 (1年間) 最大5人まで

 

 受給資格者創業支援助成金

雇用保険の受給資格者である失業中の方が、自ら創業または起業し、創業後1年以内に労働者を雇入れて雇用保険の適用事業主となった場合に、創業または起業に伴って発生した費用の一部が支給される、創業を支援する助成金です。

主な支給要件 

1、離職日において雇用保険の加入期間が5年以上あること

2、法人又は個人で事業を開始する前日において、失業等給付の基本手当の支給残日数が1日こと

3、創業後1年以内に、雇用保険にする労働者を1人以上雇入れること

 支給額

創業により発生した費用の3分の1(上限150万円) 2人以上の雇用で50万円上乗せ

 

助成金のお問い合わせはこちらへ

▲このページのトップに戻る