助成金の基礎知識

助成金とは、国からもらえる返済不要のお金です起業創業を支援する助成金や、国の施策にあった方向で、新たな雇入れや採用雇用の維持雇用の確保を等を行った場合に、国からの支援を受ける事が出来る制度です。しかし、知らなかったばかりに、本来もらえるはずの助成金を、もらっていなかったというケースも数多く見受けられます。助成金は、種類も多くあまり知られていなかったり、事前に計画の作成や届出が必要なケースもあり、また、申請して初めて受ける事が出来る制度ですので、専門家である社会保険労務士を活用して、皆様の企業経営に助成金制度を役立て頂ければと考えております。

助成金について良くある質問


助成金をもらった後、返済の必要はあるのですか

雇用保険関係助成金は返済する必要はありませんし、使い道が制限されることもありません。ただし、虚偽の申請をした場合など不正をして助成金を受給した場合は返済をしなければなりません。また、3年間は助成金が受けられなくなります。


助成金はいつもらえるのですか、もらえる金額はどれぐらいですか

助成金の種類によって受給できる時期や期間、また、受給できる額も様々です。助成金ごとに受給するための手続きは異なりますので、詳細についてはお気軽にお問い合わせ下さい。


雇用保険に加入していないのですが、助成金を受給することはできますか

私どもでご案内している雇用保険関係助成金は、雇用保険に加入しているか、雇入れに伴って雇用保険に加入することが、助成金を受給するための要件のひとつですので、雇用保険に加入する必要があります。

また、助成金の財源も、事業主が負担している雇用保険料ですべて賄われています。


パート、アルバイトなどを採用しても助成金はもらえますか
パートやアルバイトでも、就職が困難な方を採用した場合は、助成金を受給する事は可能です。また、パート、アルバイトなど短時間労働者を対象にした助成金もあります。
個人事業でも助成金はもらえますか
法人企業でなければ、助成金を受けることが出来ないと思われている事業主の方もおりますが、個人事業でも従業員を使用していれば、雇用保険に加入する必要がある場合もありますので、雇用保険に加入をする事業であれば、個人事業でも助成金を受けることは可能です。
▲このページのトップに戻る